リシリオウギ

マメ科 ゲンゲ属



当初シロウマオウギとしていたが、北岳で典型的なシロウマオウギに出逢い、迷いが生じた写真がある。この写真は、朝露にぬれ、風情があるので、ボツにするには惜しい。小葉の数が少ないので、これらはリシリオウギに修正して収載した(2004.7.24撮影 )。
リシリオウギ、シロウマオウギタイツリオウギイワオウギを識別するのは、なかなか大変です。

高山帯の草地に生える多年草で、高さ10〜35センチ。花は黄白色で、1花序に5〜10個つく。小葉は3〜5対で、他の仲間よりも少ないが、最も大きい。小葉の表面は無毛で、裏面に薄く軟毛がある。
萼は無毛または軟毛を散生し、萼の縁に黒色の毛がある。

2004.7.24 長野県八ヶ岳
2006.7.22 長野県八ヶ岳(画像にポインターをおいて下さい)
2004.7.24 長野県八ヶ岳
2008.8.11 長野県白馬岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery