シロウマオウギ

マメ科 ゲンゲ属



北岳でイワオウギとシロウマオウギが並ぶ。2つ並ぶと花序の違いがよく分かる。イワオウギは花序が長く、シロウマオウギはより短く色が白い。
違いが分かる2つの花が並ぶのが、なぜかうれしく気持ちのいい撮影になりました。あとで、比べながらの同定が楽しみです。
似た花にタイツリオウギリシリオウギがある。

高山帯の草地に生える多年草で、高さ10〜40センチ。花は白色で、1花序に5〜10数個つく。小葉は5〜8対で、小葉の表面は無毛で、裏面と縁に白色の伏毛がある。
萼は全体に黒色の伏毛があり、識別の指標となる。


2006.8.11 山梨県北岳(画像にポインターをおいて下さい)
2006.8.11 山梨県北岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery