タイツリオウギ

マメ科 ゲンゲ属

シロウマオウギ、タイツリオウギ、リシリオウギ、いずれも似ていて区別が付きにくい。豆果と萼などの様子が決め手となるが、花期には萼をメインの目安にせざるを得ない。
萼全体に黒毛があるのはシロウマオウギとタイツリオウギ。シロウマオウギの花がやや白いので、両者を区別している。誤りがありましたらご指摘願いたい。

高山帯の草地に生える多年草で、高さ15〜60センチ。花は黄白色で、小葉は6〜11対。小葉の両面に軟毛があるが、表面は薄い。
花柄と萼の全面に黒褐色の短毛がある。
2006.8.11 山梨県北岳(画像にポインターをおいて下さい)
2006.8.11 山梨県北岳
2007.9.1 山梨県鳳凰三山
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery