イワオウギ

マメ科 イワオウギ属

        2004.7.24 八ヶ岳


低山帯上部〜高山帯の岩場や礫地に生える多年草で、高さは10〜80センチ。小葉は5〜12対で、長さ1〜2センチ。花は1花序に10〜30個つき、前種に比べ長くなるように思える。
花冠は黄白色、花序の中軸と花柄に上向きの白い短毛が生える。


〜徒然想〜

八ヶ岳や北岳の尾根では多く見られる。山を背景にした写真もいいが、森の中で静かに暮らす姿もいい。朝露を受けて首を垂れる姿は、清楚で美しい。
似た種にシロウマオウギタイツリオウギリシリオウギなどがあるが、識別は難しい。誤りがあれば、ご指摘をお願いしたい。

白馬岳の花畑にはイワオウギ、タイツリオウギ、リシリオウギ、シロウマオウギが隣りあって咲く場所があり、指導員がそれぞれの違いを説明しています。
4つを同時に見比べることができ、よく分かります。
ん、でも4つ並ぶとはあまりにもでき過ぎ・・・・・? わざとらしさを感じますが、ま、あまり固いことは言わないことにしましょう。


2005.7.23 栂池自然園

開花時の特徴
花の特徴 小葉の特徴 萼などの特徴
イワオウギ
(イワオウギ属)
黄白色、長さ14〜20mm
1花序に10〜30個
5〜12対、長さ10〜20mm
表面は無毛、
裏面に長毛
花序の中軸と花柄に
上向きの白い短毛
シロウマオウギ
(ゲンゲ属)
白色、長さ12〜15mm
1花序に5〜10数個
5〜8対、長さ8〜20mm
表面は無毛、
裏面と縁に白色伏毛
茎や茎軸に黒毛
萼の全体に黒色伏毛
タイツリオウギ
(ゲンゲ属)
黄白色、長さ約20mm
1花序に5〜10個
6〜11対、長さ10〜20mm
表面は薄く、裏面は厚く
白い軟毛
茎や茎軸に白毛
花柄、萼に黒色短毛
リシリオウギ
(ゲンゲ属)
黄白色、長さ約15mm
1花序に5〜10個
3〜5対、長さ15〜30mm
4つの中で最も大きい
表面は無毛、
裏面は薄く軟毛
茎や茎軸に白毛
萼縁に黒色短毛

   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery